車の運転は可能?緑内障ですが・・・

緑内障ですが、車の運転大丈夫?

今の時代だと車の運転は必要不可欠だと思う。行きたい所にスイスイ行けるし、私の趣味の一つである音楽を聞きながらのドライブ、最高!!

 

ただ、怖いのが緑内障が影響して車の運転に支障をきたすのではないか?っというか運転してもいい?とても気になるところ。

 

緑内障の頻度

どうしても、車は勝手に動くわけではない、エンジンを入れてアクセルを踏むことで前に進む、そしてハンドルを握る。そのために、前方を見た時に”見えづらく”なると当然ながら運転もしづらくなる。緑内障がどんどん進んでしまうことで見える部分が次第に狭くなる、それと同時に視力が低下してしまう。これだと快適な運転もままならず、事故を起こしやすくなるのも無理ない・・・・。

 

あるデータによると、緑内障の影響で視界が狭まる「重症の緑内障の患者視野の4人に1人の割合で事故を起こしている。」そのようなデータがあるそうです。年齢としては50歳以上が多い。

 

車は大きな鉄の塊、少しのミスが大きな事故につながるのも無理はありません。ましてや「視界が狭い、視力が落ちる」だと事故が起こる確率も当然上がる。

 

ただし、あくまでも緑内障の症状によります。
私の場合ですと、「右目と左目、中期型」、この症状でも「担当の先生から車の運転は可能」といわれ、支障をきたすことは”ほとんど無い”といわれています。

 

あくまでも症状の頻度によりますが、「緑内障=車の運転はダメ」でもない。緑内障になっても、病院での定期的な検査・治療を受けていれば「眼圧は急に高くなることもない」ために「障害も一定・徐々」にしかおこりません。

 

まずはかかりつけの病院を探し定期的な検査を受けることですね。

 

スポンサーリンク