本当にルテインで緑内障を予防できる?

話題の名前

近頃の話ですが、私が「緑内障」「眼圧 下げる」っとインターネットの検索キーワードに入力するとやたらとヒットしてくる単語が「ルテイン」?

 

んっ?
ルテイン?フランスのお酒の名前か?

 

いろいろ調べてみると、緑内障の原因の一つである「眼圧を下げる」効果が見られるそうです。これはうれしい情報。

 

ルテインはどうなの?

私もこのルテインのことを知り、とても興味を持つようになったのですが、私が2ヵ月に1回のペースで視野検査を受ける眼科の先生に「ルテイン」についてて聞いてみると、先生いわく今の段階では国内では研究中のために、「効果アリ、効果ナシ」とはっきりとした断定はできないそうです。

 

しかし、全く何もしないよりは、「一歩前に進む」という観点からも、試してみるのも良いのでは?っと先生から助言をいただいた。

 

ルテインとは?

このルテインのもとは野菜や海藻・フルーツなどの成分に含まれているもの。とりあえず、国内でも目の健康食品・サプリメントとして販売されていますが、題材的に「緑内障に効果的」とまでは記載されていません。

 

そもそも、ルテインがどうして緑内障に効果的といわれているか?
このルテインの効果として、眼球の膜にある網膜、それから視神経内部の組織をいままでよりも活性化することで新陳代謝がおこります。そうなると、房水の液体の改善が現れ、「眼圧を下げる」ことができるとのこと。

 

今までは「水分・カフェインは控えたほうがいい、仰向けで寝ないほうがいい」そのような予防策がありましたが、このルテインは服用して「眼圧を弱める予防策」。

 

実際に海外のデータですが、ルテインのサプリを服用した人で緑内障の症状が改善できた例が何種類か見られたそうです。しかも話を聞くと、意外に即効性がある模様。1ヵ月から2カ月足らずで「20mmHgだった眼圧が15〜12mmHg」に下がり、目に対する重みも改善されたのとのこと。

 

とりあえず私も様子を見て、機会があれば利用してみたいと思う。

 

スポンサーリンク