どうして起こるの緑内障は?原因をチェック

緑内障の原因

緑内障の原因

生活をしていく中で目が見えなくなることはかなり大きなことになると思う。

普段は見えているが、急に全体が見えなくなったら・・・考えただけでも怖くなる。

 

私の趣味は山や海の自然を見ること◎普段から溜まっているストレスを解消させるためにも必要不可欠なんです。しかし、緑内障で違和感を感じ、これ以上見えなくなるようなことを考えたりすると、恐ろしくなってしまいます。

 

やはり、事前からの緑内障の原因などある程度知識を吸収しておき、これ以上起こさせないことが代位。そもそもですが、この緑内障の原因として2種類考えられています。

 

眼圧と視神経
この二つを少し説明していきたいと思います。

 

「眼圧」が原因

緑内障の原因としてかかわってくるのが「眼圧」・・・・眼圧?聞いたことあるけど・・・

 

まずは眼圧の説明から、私たちの眼はマルマルとした形をしておりますが、この「形・重さ」を継続してくれているのは眼圧のおかげ。眼球内の圧力をコントロールしているのが眼圧なわけですね。

 

さて、この眼圧がどう緑内障にかかわってくるかというと、眼圧の「圧力が普段よりも強く」なることが大きな原因。圧力が強いことで今まで見えていた部分が少しづつかけていくわけです。

 

とくに年齢の高い高齢者に多いそうですが、私のように30歳代前半でも起こるとされている症状。

 

専用の目薬

ザラカム、ミケラン、ベトプチック

 

「視神経」が原因

緑内障の原因

眼圧による原因は高齢者に多いのですが、こちら視神経の原因では若い人でも起こりやすいとされています。単純に言うと、テレビやパソコンを良く行う人に多いそうです。

 

この症状としては、先ほどは眼圧の圧力が強くなることが大きな原因と説明しましたが、この場合は関係なく視神経に障害が起こることでおこる。視神経は網膜が受けた光刺激を脳に伝える役割。

 

最近では、パソコンやスマートフォンなどを一日の間に長時間おこない、習慣化することで、若い人でも緑内障の症状が起こりやすくなっているとのこと。おそらくは私もこのようなことが大きな原因で緑内障にかかってしまったのではないかと思っています。

 

そのために、私は極力は目が疲れないように、ダメージを受けないように意識しております。

 

スポンサーリンク