緑内障にはカフェインはダメ?

何時も欠かさず飲んでいたカフェインたっぷりのコーヒー

緑内障とカフェイン「コーヒーとお茶」

私が毎朝欠かさずおこなってるのが、ブラックコーヒーを飲むこと。

これがないと1日が始まらないといった感じ。安いスーパーで購入したコーヒー豆ですが、意外においしく、朝に飲むと眠い目も”パッチリ”さめて眠気を覚ましてくれる。

 

 

後はお茶も同じく食後に欠かさず飲むようにしております。

私の1日の飲む回数
  • コーヒー=約3〜5杯
  • お茶=3杯

 

さて、なぜこの「コーヒーとお茶」の話をしているかというと、ある本を見て驚き、勉強になりサイトに記載することにしたわけです。

 

「コーヒーやお茶」に配合されている「カフェイン」が緑内障に密接にかかわっているということ。
残念なことに「悪い方に・・・」。

 

カフェインが眼球を高める?

私も緑内障に関して図書館などに行き本を開いて調べているんですが、けっこう昔の本にでも記載されていて、「コーヒーやお茶」についてかかれていました。

 

コーヒーやお茶に含まれている成分の一つであるカフェイン。まず、このカフェインにもイイ所があり、「眠気覚まし、脂肪を分解、脳の疲労回復」など、健康的なところがたくさんあります。

 

しかし、カフィインの悪い所が、私の悩みである緑内障と相性が悪い・・・。1日に大量のコーヒーを摂取することで、含まれているカフェインが「眼圧を高くし緑内障に支障をきたす」わけです。

 

つまり、コーヒーやお茶に含まれているカフェインは、緑内障の症状の人にはお勧めではない飲み物。

 

1日の理想のカフェイン

しかし、ここで気になるのが、「どれだけのカフェイン量で眼圧が高くなるのか?」。この部分が大事。私もできることなら眼圧に負担をかけたくない、やけどもコーヒーは飲みたい・・・。

 

海外の実験データによると、カフェインの量はで眼圧が高くなるのは「約200mg以上」とのデータがでています。。(これはあくまでも基準値で、年齢層や男女によって異なります。)

 

つまり、毎日生活する中でカフェインを摂取する量を「200mg以下」にこだわれば大丈夫だということになります。

 

「カフェイン200mg」
  • 緑茶30〜50mg=2〜3杯
  • 紅茶50mg=2〜3杯
  • コーヒー豆100mg=2〜3杯

 

私も「カフェインと緑内障の関係」を全く知らなかったために、コーヒーの1日の摂取量がヒドイ時で5杯も6杯もガブガブと飲んでいました。これで緑内障に悪いとなると反省しなくてはいけない。しかも私が飲んでいたマグカップで360mlは入るためんい、かなりカフェインを摂取していたと思う・・・。これからは意識して、計画的に飲むようにしないと。

 

スポンサーリンク